◎魚の持ち帰り方 及び 注意点◎

剥製にするためには持ち帰り方も大切です。(でもあんまり難しく考えないでくださいね。)
要は剥製にするためには、お魚の皮がボロボロになったり腐ったりしていないこと。
そう考えていただければ、自然に持ち帰り方が解かって頂けるはずです。

☆お魚が乾燥しないように濡れタオル・濡れ新聞紙などで包む。
(必ず濡れたもので包んでください)

☆お魚の尻尾やヒレが折れないように気をつける。

☆ヌメリやウロコを取らない。

☆渓魚は、お魚同士や氷が直接触れないように、剥製にしたいお魚を濡れタオルなどに包む。
(シミの原因です。これで、完成度がかなり変わってきます)

※渓魚の最高の持ち帰り方は、お魚をたっぷりの塩をつけて持ち帰ると、色の変色がかなり防げます。
  但し、シミ・変色したお魚には、絶対塩をつけないで下さい。

例えばこのようなシミがついてしまった場合、
ご覧のように
多少着色が濃くなったりしますがあまり難しく考えなくてもOKです。
 
例えばこのようにお魚をシメてしまった場合、
ご覧のように
シメ跡が分からないように修復できますのでご安心を。


◎お魚の保存方法◎
ステキなお魚が釣れてもまだまだチャンスがあるかも・・・そんな時は下の方法でお魚の保存が可能です。
 
1.濡れタオルなどで包み、更にもう一度水につける。
2.水分が漏れないようにビニール袋に入れる。(乾燥を防ぐため)
3.冷凍庫で凍らせる。


戻る

TOP    お店紹介    剥製写真集    価格表    魚の送り方    注文方法    通信販売
 
釣行記    カジキの部屋    りっぺのおへや    掲示板    LINK    お店の地図    お問い合わせ



魚類剥製 アフターフィッシングギア 飛魚丸
〒485-0034 愛知県 小牧市 市之久田 1-327-1
TEL/FAX : 0568-41-0552